診療内容・診察時間

ホーム > 東洋医学について > 五臓六腑健康マップ

五臓六腑健康マップ

五臓六腑を知ってるかい?

お酒の好きな方なら『五臓六腑にしみわたる。』という、お酒が内臓全体にしみわたってゆく感覚はよくお解りになることでしょう。ところで五臓六腑がどこの内臓を指しているのかご存知ですか。五臓とは肝、心、脾、肺、腎のことで、六腑とは胆、小腸、胃、大腸、膀胱、三焦をいいます。

東洋医学は、二千年以上前に中国で確立された医学を取捨選択しながら現代にまで伝え、実践している伝承医学であり、現代医学とはかなり異なる人体に対する生理、解剖の考え方を持っています。臓腑に対する考えもその一つで、実際の臓器の働きをこえた独特の医学理論を持ち、その医学観のなかで人体をとらえていくことで、従来の医学では見えにくかった人間像を知ることができるのです。

難しいとか古臭いとか思わないで、もう一人の自分を発見する医学として五臓六腑を勉強してみましょう。

五行とは

東洋医学には自然界にある森羅万象の働きを、木、火、土、金、水という自然界を構成している、生活に欠かせない五種類の重要な物質に分類する、『五行』という考え方があります。人間の臓腑も五行で分類して考え、それぞれの働きに対して各臓器を代表させています。しかし六腑だけは五プラスαで三焦という腑の存在を考えています。三焦が何かは『六腑』でゆっくり説明します。

自然界 五行 人体
殻類 畜獣 音階 時間 匂い 味覚 色彩 変化 気候 方角 季節 五臓 六腑 官竅 形体 情志 五声 変動
平旦 そう
日中 小腸
日西 湿 長夏 えつ
日入 西 大腸 皮毛
夜半 膀胱

五臓六腑はお互いに助け合ったり、牽制しあったりして臓器の機能を調整し、人体の生命活動を円滑に行っているのです。

>>次へ 五臓

  • 河崎医院 附属淡路東洋医学研究所
  • ごあいさつ
  • 診療内容・診察時間
  • 医師紹介
  • アクセス
  • 東洋医学について
    • 東洋医学の基礎知識
    • 漢方アラカルト
    • 五臓六腑健康マップ
    • 診察法探索ガイド
  • 鍼灸・アロマセラピー
  • リンク集

河崎医院たより あけび

河崎医院
附属淡路東洋医学研究所

〒656-0428
兵庫県南あわじ市榎列掃守22-5
【TEL】0799-42-2020

アクセスはこちら

ページの先頭へ