診療内容・診察時間

ホーム > 東洋医学について > 東洋医学の基礎知識

東洋医学の基礎知識

東洋医学とは

東洋医学と呼ばれるアジアの伝承医学には代表的なものとして、中国医学、インド医学、チベット医学があります。日本には貿易との関係から中国医学が伝えられ、室町時代の頃から漢方、鍼灸が実地医療として行われていました。それが明治時代になって西洋医学が導入されると、これまで医学の主流だった中国医学が、古臭いものとして片隅に追いやられてしまいました。

しかし、昭和40年代頃から健康ブームと共に再び脚光を浴びるようになり、昭和51年に多くの漢方製剤が健康保険の適用を受けるようになったのを機に一挙に広く使われるようになりました。

今なぜ東洋医学なのか

現在の日本においては、食生活や環境衛生は十分に満たされ、それらの不足から起こってくる疾患は姿を消しました。また、結核、肺炎などの感染症も抗生物質のおかげで、恐い病気ではなくなっています。代わって問題になってきているのが各種のアレルギー疾患や糖尿病、高血圧などの成人病、老化による骨、関節疾患です。

これらの疾患は栄養過多や環境因子の悪化、ストレス、老化などが増悪因子となっており、西洋医学だけで対処することが難しいということが医師及び患者の間で問題になってきました。また、西洋医学は体の中の病んでいる一部分のみ見がちであるため、他の部分に副作用が出たり、全体のバランスを崩したりというような不利益なことが報告されるようになってきています。そこで、体全体を診て治療する東洋医学が注目されるようになってきたのです。

>>次へ 中国医学とはどんなものか

  • 河崎医院 附属淡路東洋医学研究所
  • ごあいさつ
  • 診療内容・診察時間
  • 医師紹介
  • アクセス
  • 東洋医学について
    • 東洋医学の基礎知識
    • 漢方アラカルト
    • 五臓六腑健康マップ
    • 診察法探索ガイド
  • 鍼灸・アロマセラピー
  • リンク集

河崎医院たより あけび

河崎医院
附属淡路東洋医学研究所

〒656-0428
兵庫県南あわじ市榎列掃守22-5
【TEL】0799-42-2020

アクセスはこちら

ページの先頭へ